糖尿病と歯周病

こんにちは。院長の牛田です。

この度日本糖尿病協会の歯科医師登録医となりました。日々診察をしていると患者さんの既往歴に高血圧や糖尿病の文字をよく見られます。

あまり知られていないことですが、歯周病は、糖尿病の6番目の合併症といわれています。歯周病の管理、治療することによって血統コントロールが改善されたという報告もあり両者の関係が密接であるということが最近わかってきました。

実際に当院へ来院されている患者さんも歯周病のケアをきちんとされてからめきめき血糖コントロールが良くなった方もいらっしゃいます。もちろん患者さん自身の食事療法、運動療法も頑張っていらっしゃいました。毎月、データを聞くのも私の楽しみの一つになっています。

きちんとケアし奥歯でしっかり噛めるということは野菜などもしっかり食べられるので健康にもよいことです。しっかり噛めなければ柔らかい物中心になってしまうので、やはり柔らかいものは甘くて高血糖のものが多いですよね。

しっかりメンテナンスをし健康な体を作ってくお手伝いができればうれしいです。