自費診療にともなう治療費・料金の目安をご案内します

広尾・西麻布の歯医者「たまきデンタルクリニック」がご提供している診療メニューの中には、保険診療のものと自費診療(保険外診療)のものがあります。こちらでは、自費診療にともなう治療費および各種料金についてご案内します。また、医療費控除についてもご説明しています。治療の出費がかさんだ場合や家計への負担が大きいような場合は、こちらの制度をご活用ください。

料金表

インプラント治療
項目 料金(税抜) 保証期間
ステント取得料 ¥10,000  
診断料 ¥15,000  
手術 インプラント埋入手術 一次オペ ¥200,000 7年
¥250,000
二次オペ ¥30,000
ソケット
リフト
上顎の骨が不足している場合に行う骨再生治療 ¥50,000  
サイナス
リフト
¥150,000  
骨移植 骨が失われた部位に人工骨や自分の骨を移植し、骨の再生を図る治療 ¥50,000  
¥70,000
¥100,000
静脈内
鎮静法
治療の不安を和らげる処置 ¥50,000  
インプラント 仮歯 ¥10,000/歯  
アバットメント ¥90,000 5年
プロビジョナル ¥10,000
上部構造 セラミック×レジン×金属 ¥90,000 3年
セラミック×金属 ¥130,000
セラミック×ジルコニア ¥140,000
メインテナンス 1~10歯 埋入より1年半後から料金が発生 ¥1,000/歯  
10歯以上 ¥6,000/片顎  
その他 再診料 ¥500  
検査
項目 料金(税抜)
口腔内レントゲン10枚法 ¥5,000
CT ¥10,000
セファロ ¥4,000
模型 ¥1,000
パノラマ撮影料 ¥4,000
だ液検査(細菌検査)1回 ¥5,000
詰め物・被せ物
カテゴリ 素材 料金(税抜)
インレー ハイブリッドセラミックインレー ¥35,000~
E-MAXインレー ¥55,000~
セラミックインレー ¥60,000~
ジルコニアインレー ¥70,000~
アンレー ハイブリッドセラミックアンレー ¥50,000~
E-MAXアンレー ¥65,000~
セラミックアンレー ¥70,000~
ジルコニアアンレー ¥70,000~
クラウン ハイブリッドセラミッククラウン ¥70,000~
E-MAXクラウン ¥110,000~
セラミッククラウン ¥120,000~
ジルコニアクラウン ¥130,000~
コア ファイバーコアダイレクト ¥15,000~
ファイバーコア ¥20,000~
ベニア ラミネートベニア ¥130,000~

※保証は2年間です。

仮歯
素材 料金(税抜)
ダイレクト ¥2,000~
TEK ¥5,000~
プロビジョナル ¥7,000~
矯正治療
項目 料金(税抜)
相談料 ¥3,000
再診料 ¥1,000
検査・診断料 ¥30,000
装置料 小児矯正 ¥300,000
成人矯正
※小児矯正から移行する場合は差額分のみ。
プラスチック
ブラケット
¥700,000
部分矯正 ¥100,000
矯正用インプラント(1本) ¥30,000
調節料(毎月) ¥5,000
保定調節料 ¥50,000
観察料(来院ごと)
※咬み合わせが安定したら来院頻度を減らします。
¥3,000
PMTC
項目 料金(税抜)
PMTCクリーニング 30分 ¥6,000
60分 ¥10,000
パウダーメンテナンス 60分 ¥15,000
美容点滴
項目 料金(税抜)
ニンニク+ビタミン(1回) ¥2,500
プラセンタ(1アンプル) ¥1,500

医療費控除について

医療費控除について

各世帯にかかった年間の医療費が合計で10万円(世帯の総所得が200万円以下の場合はその5%)を超えた場合、医療費が税金還付の対象となります。この優遇措置を受けるには、申告が必要です。申告に必要な書類や領収書は、その都度大切に保管しておきましょう。また、治療内容によっては医療費控除の対象外となることがあります。

医療費控除額の計算方法

支払済医療費(年間)-保険などの給付額-10万円(または総所得額の5%)

※「10万円(または総所得額の5%)」は少ない方で計算。

医療費控除の対象となるもの・ならないもの

医療費控除の対象となるもの・ならないもの

原則として、病気の治療や療養目的で、かつ医師・歯科医師がそれを認めた場合に医療費控除の対象となります。歯科関連では、美容・審美目的の施術は医療費控除の対象外となりますのでご注意ください。

医療費控除の申告に必要なもの

1. 源泉徴収票の原本(コピー不可)

2. 医療費の領収書(コピー不可)

3. 医療費控除の対象となるものの領収書
(対象となるもので領収書を発行できない分は「医療費控除の内訳書」に記載)

4. 生命保険の入院給付や医療保険の給付金の額が分かる書類

5. 医療費控除の内訳書(税務署や国税庁のホームページで入手可能)

6. 還付金の振込先となる金融機関の口座番号(申告者本人名義に限る)

7. 印鑑(認印可)

8. 所得税の確定申告用紙