臨床経験豊富な2名の担当医がインプラント治療を行います

顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上部にセラミックなどでできた人工歯を被せて失った歯の機能を補うのがインプラント治療です。入れ歯やブリッジなどで失った歯を補う方法はいくつか存在しますが、見た目のうえでも機能のうえでも健康な歯を忠実に再現できる治療法はほかにありません。

広尾・西麻布の歯医者「たまきデンタルクリニック」では、口腔外科のスペシャリストであり、日本口腔インプラント学会に所属する院長を含む2名のドクターがインプラント治療にあたります。

インプラント治療の特色

インプラント治療の特色

インプラントは、ブリッジのように隣接した健康な歯を削る必要がなく、入れ歯(保険診療)のように他の歯に負担をかけずに歯の機能を補うことができる治療法です。埋め込んだチタン製の人工歯根が顎の骨としっかり結合するので使用感は快適で、硬い物でもしっかり咬めるようになります。インプラントの上部にセラミックの歯冠を装着すれば、見た目も自然で美しくなります。

もちろん、インプラントは欠点のない万能な治療ではありません。当院では患者さまのご希望などをしっかりとお聞きしたうえで、最適な治療計画をご提案します。

インプラントのメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 人工歯根が顎の骨としっかり結合するので、自分の歯のようにしっかり咬める
  • 天然歯のような見た目が得られる
  • 他の健康な歯に負担をかけない
  • 人工歯根を埋め込む外科手術が必要
  • 自費診療のため費用が高額になる
  • 人工歯根と骨の結合に時間がかかるため、治療が長期にわたる

当院のインプラント治療の特長と考え方

精密で的確な画像診断を実施

精密で的確な画像診断を実施

インプラント治療が可能かどうかは、患者さまのお口の状態に大きく左右されます。当院では最新のデジタルレントゲンを駆使して口腔内や顎の骨の詳細なデータを取り、正しい診断に生かします。さらに詳細なデータが必要な場合は、近隣のCT専門病院でより精密なスキャンを実施して画像診断を行います。

安全性で定評があるインプラントシステムを採用

安全性で定評があるインプラントシステムを採用

歯科医療において、インプラント治療はまだ新しい分野に属します。それだけに、専用の器具やシステムには可能な限り信頼のおけるものを使用すべきです。当院ではインプラントに世界中で安全性が確認され、最大のシェアを誇るストローマン社のインプラントシステムを採用しています。

静脈内鎮静法による無痛治療

静脈内鎮静法による無痛治療

外科手術にともなう痛みや不安、不快感を取り除いてほしいという患者さまのために、当院では静脈内鎮静法をご提案しています。静脈内鎮静法と局所麻酔を併用することで、より安心して受けられる治療を実現します。

当院の無痛治療についてさらに詳しく知りたい方はこちら

口腔外科の専門家が自ら執刀

口腔外科の専門家が自ら執刀

当院では、口腔外科のスペシャリストである院長・牛田環(たまき)が外科手術を担当します。東京医科大学で16年間研鑽を積み、数多くの症例を手がけてきた経験と技術を活かし、患者さまの不安と負担に配慮した治療を行います。

徹底した治療後の予防メインテナンス

徹底した治療後の予防メインテナンス

埋入したインプラントを長期にわたって快適に使用していただくため、当院では治療後の予防メインテナンスにも力を入れています。ご自宅で取り組んでいただけるメインテナンスをアドバイスするほか、定期的な通院によるクリーニングを行います。

再生治療への取り組み

再生治療への取り組み

歯周病で歯を失ってしまった方の場合には、インプラント治療が適さないケースも考えられます。当院では最新の歯周再生療法に対応しており、従来ならインプラントが適さない場所にも適切な処置が行えます。

患者さまの歯を残すことを再優先に

患者さまの歯を残すことを再優先に

数々のメリットをもたらすインプラントですが、患者さまの歯を残せるならばこれに勝る治療法はありません。当院ではこの考えのもとに、他の選択肢も見据えたうえで患者さまのお口の状態、ご希望に沿った最善の治療をご提供します。

インプラント周囲炎について

インプラント周囲炎について

チタンとセラミックでできた「インプラントの歯」が虫歯になることはありません。しかし、プラークや歯石は天然歯と同様に付着していくので、これを放置すると人工歯根を支える顎の骨の周辺で歯周病に似た炎症を起こすことがあります。これが「インプラント周囲炎」と呼ばれるものです。

歯周病に似た炎症が歯周組織まで広がると、顎の骨が溶かされてインプラントが脱落してしまうこともあります。港区西麻布の歯医者「たまきデンタルクリニック」ではこうした事態を防ぐために、健康な歯と同様、正しいブラッシングによるメインテナンスのアドバイスを行っています。

症例のご紹介

手術前にCT撮影しコンピューター解析をおこないます。

症例のご紹介