歯の美しさにもこだわった歯科治療~審美歯科~

歯の色や形といった見た目にコンプレックスがあり、口元に自信が持てない──。そんなお悩みを持つ方は、広尾・西麻布の歯医者「たまきデンタルクリニック」にご相談ください。最新の審美治療と最先端の歯科材料をご用意し、皆さまのご来院をお待ちしています。ドクターもスタッフも全員が女性ですので、男性ドクターに聞きにくいご相談にもご配慮いたします。

歯を削らずに白くしたいなら~ホワイトニング~

審美歯科とは

審美歯科とは

トラブルを取り除いて歯の機能を回復させるのが通常の歯科治療だとすると、単なる機能回復だけにとどまらず、歯の美しさにもこだわった歯科治療が審美歯科です。一般歯科では虫歯などで失われた歯質を補うのに銀歯を用いることが多くありますが、審美歯科では天然歯に近い仕上がりで美観にも優れたセラミックを用いて詰め物や被せ物をおつくりします。

最低限の機能回復を図る一般歯科は保険診療の範囲内ですが、見た目の美しさを追求する審美歯科治療は保険外診療(自費診療)となります。自費診療なので自己負担額は大きくなりますが、それに見合った質の高い治療を受けていただくことができます。

セラミック素材を選ぶメリット

セラミック素材を選ぶメリット

保険診療の範囲で行われる虫歯治療では、削った部分を銀歯で覆います。銀歯でも機能的には問題ありませんが、白い歯列のなかでは「悪目立ち」してしまいます。当院では「銀歯はイヤ」という方のために、歯の質感や見栄えを備えたセラミック素材をおすすめしています。では、このセラミック材料は銀歯と比較してどのようなメリットがあるのでしょうか?

1. 見た目が白く美しい

色調や質感、透明感、どれを取っても実際の歯に近く、理想的な審美材料と言えるのがセラミックです。金属製の詰め物や被せ物では口を開けたときの印象が良くありませんが、セラミックなら自然で美しい仕上がりが期待できます。

2. 金属アレルギーを起こさない

銀歯にはパラジウムなどの金属が用いられていますが、こうした物質は水分(唾液)に触れることで少しずつ溶け出してしまうため、金属アレルギーの原因になります。一方、セラミックならこうしたトラブルとも無縁です。

3. 歯ぐきが黒ずまない

時間の経過により、歯との境目が黒ずむのも銀歯のデメリットです。セラミック素材ならこうした変色が生じないため、治療した当初の美しさが長く続きます。

4. 虫歯や歯周病を招きにくい

銀歯は表面に傷がつきやすく、そこに汚れが付着しやすいので虫歯や歯周病を招きやすいというデメリットがあります。セラミックなら表面に汚れが付着しにくいので、お口のトラブルリスクを抑えることにつながります。

PICK UP!  金属アレルギーにならないためにもメタルフリー治療を

PICK UP!  金属アレルギーにならないためにもメタルフリー治療を

銀歯は長期使用するうちに金属がイオンとしてお口の中に溶け出し、それが体内に取り込まれてアレルギー反応を起こすことがあります。これがいわゆる「金属アレルギー」です。金属アレルギーになると、顔や体中に発疹ができたり、強いかゆみに襲われたりします。一般に銀歯を入れる際、事前にパッチテストを行いますが、テスト期間となる2日間はパッチ(検査用の絆創膏)を外すことができず、入浴もできないなど煩わしさをともないます。

最近では、金属アレルギーを考慮してセラミックなどのメタルフリー素材を選ばれる方も増えてきています。大切な歯を補う詰め物や被せ物には、長期的に安心して使えるメタルフリー素材を選びたいですね。

当院の取り扱い素材

オールセラミック

オールセラミック

セラミックだけでつくられた良質な歯科材料
天然歯に近い白さと透明感が特徴です。セラミックのみを素材としているので金属アレルギーとも無縁。強度も耐久性も高く、長期的な使用でも安心です。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

つけ爪のように前歯に被せて装着するセラミック
つけ爪を装着するように前歯の表面に薄いセラミック片を取りつけることで、見た目の白さや美しさを演出できます。

メタルボンド

メタルボンド

高強度の被せ物で、奥歯にも最適
金属製のフレームにセラミックを焼きつけた被せ物で、強度の高さが特徴です。反面、透明感という点ではオールセラミックの被せ物にはやや劣ります。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックと歯科用プラスチックの複合素材
セラミックとレジン(歯科用プラスチック)の複合素材からなる歯科材料。柔軟で粘りがあるので周囲の歯にダメージを与えないのがメリットです。美しさではオールセラミックにやや劣ります。